リカバリィエッセンスとハニードロップの違いは美肌成分の捉え方

エイジングケアのブームに乗って、EGF、FGF、IGFといったグロスファクターを配合した美容液が色々あって目移りしそうですが、今度はリルジュリカバリィエッセンスとビュールハニードロップをまな板に載せて比べてみましょう。

EGF・FGF・IGFのグロスファクターの吸収を妨げる美肌成分は邪魔モノというのがリルジュリカバリィエッセンス

リルジュリカバリィエッセンスは、この美容液が肌を潤すのではなく、この美容液を使う事で、肌自らが「潤う力」を呼び覚ますのであって、配合されているのは、EGF・FGF・IGFというグロスファクター。

そしてそれらのグロスファクターの働きを安定させる為のEDP3、リジュライン、IDP5といったオリジナルペプチド。これらの成分が表皮細胞を活性化させたり、真皮の繊維芽細胞を活性化させたりして、自ら潤いを生み出せる肌を作り出しているのです。

又、これらの成分はすべてナノ化したカプセル状となって、肌の奥に吸い込まれていきます。ナノ化した大切な成分の浸透を妨げて邪魔なだけなので、ヒアルロン酸などの保湿成分・増粘剤などは一切配合していないという徹底ぶりです。

3種のグロスファクターは当たり前。加齢で衰えた肌には蜂の子と更なるエイジングケア成分が必要との立場をとるのはビュールハニードロップ

ビュールハニードロップにはEGF・FGF・IGFのグロスファクターにプラスして蜂の子(羽化直前の雄蜂をじっくり時間と手間をかけて酵素分解した上で低分子化した蜂の子ペプチド成分)、馬プラセンタ、ローズマリー等を配合し、肌の奥深くまで浸透させます。

蜂の子ペプチドは蜂の子特有の成長因子で、弱った細胞を活性化させる働きをもっており、年齢にともなって弱体化してしまった細胞に刺激を与えて、肌の活性化を促進するのに力を発揮します。

そればかりか、蜂の子には美肌を作るのに不可欠なNMF(天然保湿因子)の元になる18種類ものアミノ酸やビタミン・ミネラルがたっぷりと含まれています。

しかもそれらのアミノ酸は人の肌に近い成分(18種類の内9種類は必須アミノ酸)で構成されている為に、肌への馴染みもよくて、吸収されやすいし、その後の定着率もとても高いです。(赤ちゃんのお肌がプルンプルンなのはアミノ酸がタップリ含まれているからです。)

余計な美肌成分はグロスファクターの浸透の邪魔をするだけというリルジュリカバリィエッセンスとは正反対で、蜂の子のペプチドだけではなく、美肌成分が効果をより高めるというのがビュールハニードロップの意見です。

加齢と共に肌の細胞そのものは、確かに働きは衰えていきますが、それは単に細胞が眠っているだけで、その眠っている細胞も、刺激を与えたり、栄養成分を注入したりしてあげれば、又、イキイキと働くようになる可能性が充分にありますとの立場をとっています。

成長因子としても働き、豊富なアミノ酸の働きでもイキイキした細胞をサポートしてくれる蜂の子はエイジングケアに目覚めた私たちの強力な助っ人です。

 

さて、貴女は、グロスファクターの面々、つまりEGF、FGF、IGFにとって、様々な美肌成分は、肌への浸透を妨げるので、そういった余計なモノは配合せずに、グロスファクターはグロスファクターだけが良いというリルジュリカバリィエッセンス派ですか?

それとも、様々な美肌成分はEGF・FGF・IGFのグロスファクターに蜂の子等プラスされることで、より高い効果が期待されると考えるビュールハニードロップ派ですか?

【おすすめ関連ページ】
3つのグロースファクターを贅沢配合!リルジュリカバリィエッセンスのおすすめポイント!>>>